求人数が多く内容も多種多様な内科


内科はあらゆる診療科目の中でも、最も医師の募集案件の多い分野となっています。
その数は数え切れないほどあり、例えば転職サイトで検索してみれば内科の求人数は8,000件から9,000件程度もヒットするなど、選択するのが非常に難しい状況にあります

この内科の求人状況は常にこのような状態であるため、とてもニーズの高い診療科目であると言うこともできるでしょう。

もちろん、一言で内科と言ってもさらに専門領域を絞っていくことで、自身の探し求める求人と出会いやすくなるはず。

  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 呼吸器内科
  • 心療内科
  • 神経内科

など、専門科目に的を絞りながら探していくことが重要です。

ただ、内科の分野はどの専門領域でも同じ傾向があることは否めません。
つまり、内科の求人状況は至って良好であり、非常に多い求人数が用意されているため、豊富な選択肢の中から選ぶことができるのです。

具体的な内科の求人状況を見てみると、年収は1,000万円台、中には2,000万円前後の求人も見つけることができます。
もちろん、経験や能力によって変わってくるわけですが、ニーズが多いからこそあまり低い年収額に設定されている医療機関はほとんどありません。

医師の募集傾向としては、病院や診療所、療養型施設や製薬メーカー、そして企業まで幅広くあるのも内科の特徴でしょう
転職希望者にとっては選択肢が多いため、自らの理想としているキャリアプランを十分に実現できる状況にあるのではないでしょうか。

選択肢が多いからこその注意点も


内科医師の募集傾向は上でも示したように、非常にニーズが高く、医師にとっては選び放題の状態です。
慢性的な医師不足の現状にあっても、これほど恵まれた分野はないかもしれません。

ただ、選択肢が多いことが必ずしもメリットばかりではないことも押さえておきましょう

まず、求人ごとにその内容にはどうしてもが生じてしまいます。
上で年収については言及しましたが、他にも、医療施設の規模や職務内容は求人ごとに大きな差があるため、このあたりの見極めが転職時には重要になってくるはずです。

消化器内科や循環器内科などの専門領域に絞ったとしても全ての求人をチェックすることは難しく、いざ転職活動を行う際には自身の能力やキャリアに見合った求人を見つけることができるのか、この点にも課題が出てきてしまうでしょう。

内科は医師の数も非常に多いため、求人を出している医療施設側もハードルを上げる傾向があります
医師不足が特に深刻な科目とは異なり、誰でもいいというわけではなく、採用時にはスキル経験コミュニケーション能力などを細かくチェックされるため、中途半端なキャリアでは採用されにくいと思っておかなければいけません。