不足傾向にあるため絶えない求人


医師不足と叫ばれ随分と時間が経過している日本において、では最も医師不足が深刻な診療科目は何かと尋ねれば、多くの医療関係者から挙がるのが小児科ではないでしょうか。

小児科は女性医師の割合が増えてきており、この傾向自体は良いものの、小児科医師そのものはまだまだ足りない状態が続いています。
少子化とは言え、小児科の需要は減るどころが増えているのが現状です
それに伴って求人も増えている、これが小児科医師の募集傾向と言えるでしょう。

その理由の大きなものとしては、小児科医を目指し実際にこの分野で働き出した医師が、その激務から他の診療科目へと転科してしまうことが挙げられます。

また、女性医師が多いことも理由の一つ
女性医師は結婚や出産、子育てなどが仕事に大きな影響を与えることから、これも人材不足を招きやすくしていると指摘されています。

しかし、こうした現状もあって、新たな勤務先を探している医師にとっては小児科の求人状況は良好であり、求人が見つからないという事態を十分に避けることができているわけです。
内科  外科  ほど求人数が多いわけではなく、また、エリアによっては求人が出ていないところも若干あるものの、ニーズは高い分野のため選択肢が多いことは変わりありません

待遇や勤務内容などを要確認


数ある診療科目の中でも、小児科は求人内容の差が激しい分野と言ってもいいのではないでしょうか。
その他の診療科目でも給与の差や職務内容に違いがあるなどは見られますが、小児科ほどではありません。

小児科の求人状況をチェックすると、給与額が年収で1,000万円に満たないところがある一方で、2,000〜2,500万円といった提示をする医療施設の求人も確認することができます。

600〜700万円と、医師不足傾向のある小児科の求人とは思えないほど極端に低い額を提示している医療施設もあるため、応募前にはしっかりと確認しておくようにしましょう

当然、職務内容などの求人内容にも医療施設ごとに相違点が多々あるので要確認です
小児科医師の募集傾向としては、新生児に対応することができたり、当直やオンコールも問題のない医師が重宝されていますが、それらが一切ない求人も少なくありません。

キャリアや経験があれば、例えば本来は当直有りのところを無しで転職することができるケースも出てくるでしょう。

交渉次第のところもありますが、そうした点も含めて条件や待遇に大きな違いがあるのが小児科の特徴のため、自身の希望などをあらかじめ整理した上で求人情報を集めることをお勧めします。