少数求人であり都市部に集中する点が特徴


形成外科の求人状況とその特徴は、まず、求人数が少ない点が挙げられます
マイナーの診療科目という言い方が正しいかどうかはさておき、他の診療科目と比較した時にはどうしても求人数が劣ってしまう状況にあります。

このような分野の求人の特徴の一つが、都市部に集中していること
当然、形成外科の求人状況にも同じことが言え、地方で求人を見つけるのは少々難しいでしょう。

内科や外科などはすべての都道府県に当たり前のように人材を探している医療施設がありますが、形成外科はそうではありません。
求人の存在していないエリアが都道府県レベルでは半数ほどあり、転職サイトによっては半数以上のエリアで求人が見つけられない状況となっています。

そうしたエリアでは形成外科医のニーズがないというわけではもちろんありませんが、形成外科医自体の数がまだまだ多くないこともあり、転職を試みようとする絶対数そのものが少ないことも影響しているのかもしれません。

外来のみの求人はなくはありませんが、数は少なめ。
やはり手術もでき、さらにそのスキルや経験をしっかりと持っている人材を探している医療施設が多く、それが形成外科医師の募集傾向と言えるでしょう

少し条件などに触れておくと、やはり給与額は高めの設定の医療施設が目立ちます。
これは形成外科医が重宝されていることと、奪い合いが生じている現れ。
転職へと舵を切れば、ある程度の待遇を獲得することができそうです。

医療施設のタイプや規模もさまざまな傾向あり


地方ではなく都市部に集中している傾向のある形成外科医ですが、医療施設のタイプや規模は、意外と多い傾向も見られます
もちろん、病院であれば規模が大きく病床数の多いところからの求人案件が目立ちますが、クリニックの求人案件も決して少なくはありませんし、病床数ゼロでも手術を行える診療所からの求人もしっかりと出ています。

形成外科医のみに絞ったものではありませんが、介護老人保健施設からも求人が出ていることがあり、転職によってこれまでの経験を振るうことができる医師もいるのではないでしょうか。

あとは、具体的な求人内容とともに、それぞれの医療施設の環境や症例、細かな待遇などに目を向けながら求人を選択していくことが求められるでしょう

求人数が少ない分野のため、最初はあまり選り好みせず広い視野で探すことも重要です。
最初から条件等を厳しく絞り込んでしまうと選択肢が残らなくなり、転職活動をスタートさせることができません。

分野手術の有無病院かクリニックか、このあたりで絞り込みながらそれぞれの求人を比較しさらなる絞り込みを行う、このような形で転職候補先を選んでいきましょう。